CHILD RESEARCH NET

HOME

TOP > 所長ブログ

facebook twitter feed このエントリーをはてなブックマークに追加

所長ブログ

Director's Blog
所長ブログでは、CRN所長榊原洋一の日々の活動の様子や、子どもをめぐる話題、所感などを発信しています。
私が小児科医として発達障害に強い関心をもつようになったのは、1990年代です。発達障害の中でも自閉症(自閉症スペクトラム)は早くから知られていましたが、注意欠陥多動性障害(ADHD)については医師の中でもあまり知られていませんでした。今でも私がかつて勤務した大学の小児科医局の談話室で、先輩の医師と「欧米では子どもの7%が注意欠陥多動性障害という障害をもっているなんて論文がありますが、信じられませんねえ」と話したのをよく覚えています。7%の子どもが障害をもっているなんて、当時の常識ではまったく考えられなかったのです。しかし、その診断基準が明らかになり、日本にも注意欠陥多動性障害の子どもがいることが次第に明らかになってきました。最近の調査では4%位の子どもがADHDの症状をもっていると言われています。

ADHDについての知識と経験が深まるに従って、こんどは子どもの障害であると思っていたADHDが大人にも見られることが次第に明らかになってきました。ADHDについての社会的な認知が日本より進んでいたアメリカでも、大人にもADHDの症状のある人がいることはなかなか受け入れられませんでした。しかし現在では大人の4.4%にADHDの症状が見られることが分かっています。日本でも1.6%の大人にADHDの症状があることが報告されています。大人のADHDは最初は、子ども時代のADHDの症状が残存したもの、と考えられていました。大人でADHDが疑われる時には、子ども時代にADHDの症状があったことが大きな決め手になると考えられていました。しかし、最近の研究では、子ども時代にADHDの症状や診断がない大人にADHDの症状があることが稀ではないことも明らかになってきています。大人のADHDの治療には薬物療法が効果的であることも、アメリカや欧州の研究で明らかになっていました。私自身は大人のADHDの治療経験はあまりありませんでしたが、国際的な医学雑誌でそのことを知りました。日本で子どものADHDの薬物治療が医学会でも広く認められるようになっても、大人のADHDに対しては「クスリによる治療は副作用が強く行われない」といった記述が大人の発達障害の啓発書に書かれていた位です。

このようにADHDについての理解が徐々に進んできていますが、最近になってさらに新たな進展がありました。それは女性のADHDです。

もともと女児のADHDは男児とは様々な点で異なっていることは知られていました。まず女児は男児よりADHDの罹患率が低いことが分かっていました。ADHDを含む精神疾患の診断基準として世界中で使われているDSM(精神疾患の診断と治療マニュアル)の第4版(1994年)では、ADHDの男女比は2:1~9:1と書かれていましたが、最新版(2012年)ではそれが子どもで2:1、大人では1.6:1になっています。さらに第4版では、通常7歳までに症状が明らかになると記載されていたのが、最新版では12歳までに診断が可能である、と記載が変更されています。なぜこうした変更があったのでしょうか。それは、低年齢でもはっきり分かる多動が少ない女児では、不注意や集中の困難による症状は年長になるまではっきりしないことが多いからなのです。

ADHDの女児の特徴については以前から分かっていましたが、そもそもADHDの診断基準が多動や衝動性に重きを置いた男児の診断に合わせた内容であることが、女児(性)のADHD(ADD)の診断が少ない理由の一つだったのです。

これまで述べてきたことからの当然の帰結は、女性それも大人の女性はADHDの症状をもちながら、見過ごされる可能性が高いということになります。

現在、ADHDの治療や予後に関する調査研究が進み、上手にコントロールされた薬物療法によって、ADHDの症状を確実に軽減できるだけでなく、うつや不安障害といった頻度の高い二次障害を著明に軽減できることが分かっています。

男女共同参画時代と言いながら、日本では子育てや家事は女性が負担することが多くなっていますが、不注意症状のある女性にとって家事や育児は大変な作業です。

育児ノイローゼや産後うつの女性の中に、未診断のADHDの人がいるのではないかと心配しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
不登校の理由は様々です。発達障害が不登校の原因になることもありますが、私の印象では、発達障害とは関係のない不登校の方が多いような気がします。

今回は、小学4年生のかわいそうな不登校の女の子について書きたいと思います。

私の診療室に入ってきたのは、大人しそうな細面の女児でした。緊張もあるのでしょうが、何か悲しげな表情が印象的でした。主訴は不登校と倦怠感(だるさ)でした。

4年生の夏休み明けから、学校に行けなくなったとのことでした。「学校は楽しい?」と聞くと「ううん」と頭を横に振ります。「勉強がいやなの?」と聞くと、また「ううん」と否定します。横から母親が「成績は悪くないんです」。

「先生が厳しいの?」と聞くと、初めて「うん」と首肯きました。そこで母親が、「教師が給食を完食しないと厳しく言うことが、不登校のきっかけです。給食の前に吐いてしまうようになりました」

この女の子は食が細く、給食を残してしまうので、担任の教師が「残さないように」と再三注意することで、だんだん登校するのが困難になってきました。不登校になったきっかけは、教師がクラス全員の前で「◯◯ちゃんが完食すればクラス全員完食になります。」と宣言したことでした。

この女の子の話を聞きながら、十数年前の同様の経験を思い出していました。その子は給食を食べるのが遅く、いつも最後になってしまうため、教師がほかの子に命じて、その子が食べているときに「××ちゃん頑張れ」と周りで応援させたのです。この子は不登校にはなりませんでしたが、ほぼ毎日給食の前に吐くようになってしまったのです。

もちろんこのような教師は例外だとは思いますし、こうした教師も熱心さが行き過ぎたのだとは思いますが、行き過ぎた食育に警鐘をならしている事例ではないでしょうか。

食欲は子ども一人ひとりの生物学的な特性であって、食事のマナーのように決して学習するものではないのです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ゲームといえば、子どもの前頭葉の働きを低下させるとか、ゲーム依存症のきっかけになるということで、多くの子育て中の親や、教育や発達の専門家からは忌避される存在です。前者の「ゲーム脳」理論については、現在ではその信憑性に疑問がもたれていますが、後者は世界保健機関(WHO)も正式に診断名として認定するようになってきています。依存症まで行かなくても、ゲームに費やす時間が家庭での学習時間に食い込んでいる状況からなんとか脱出したいと思っている親は多いと思います。

そんなゲームを使って、注意欠陥多動性障害(ADHD)の子どもの集中力を改善することができるという驚きの研究成果が、シンガポールの研究者によって発表されました。南洋理工大学のLim助教授は、集中してゲームをすることによってADHDの不注意症状を長期間にわたって軽快させることができるという実験結果を権威のある国際学術雑誌に発表しています。

では、これは我が子のゲーム依存に悩む親にとって朗報、と喜ぶのはまだ時期尚早です。Lim教授が治療に使用したゲームは、見かけは普通のゲームです。画面をみると、小鳥が森の中のルートから外れないようにコントロールするゲームであることが分かります。ところが普通の家庭用のゲームと異なり、コントローラーがありません。代わりにプレーしている子どもの前頭部に脳波の電極のついたバンドが装着され、そこからコンピューターに配線がされています。そうです、Lim先生が開発したこのゲーム機は、脳波の変化でゲームをコントロールする仕組みが組み込まれているのです。

私たちが集中する時には、脳の前頭葉の一部が特に強く活性化されます。活性化された部分の脳波は周波数が高くなります。脳波の電極をつけてゲームをスタートすると、最初のうちは思ったとおりにゲームは進行しません。ところが、いろいろな方法で意識を集中すると、小鳥がルートから外れずに歩いて行くことに子どもは自然に気がつくのです。そして、経験を積むことによって、画面の小鳥の動きがコントロールできるようになるのです。Lim先生は、このゲームを8週間にわたって24回、ADHDの診断のついている子どもに遊ばせました。ゲームなので子どもは喜んで意識を集中させて遊ぶことができるのです。

Lim先生は、ゲームを開始する前と後で、子どもの集中力の検査を行いましたが、その結果は全く予期しないものでした。なんと、ゲームを続けることによって、集中力が有意に高まったのです。さらにこの効果は一時的なものではなく、24週間経っても保たれているのです。実験を重ねたLim先生は、このゲームをADHDの治療に使えるかも知れないという発表を学会で報告し、また学術雑誌に投稿しました。

数年前の小児神経学の国際学会で、私は偶然このLim先生の発表を聞きびっくりしましたが、効果はきっと一時的なものだろうと、大して気にしませんでした。昨年東京で行われた国際学会で、さらに研究を深めたLim先生の発表に出会い、効果が持続することを知ったのです。

Lim先生のゲームによる集中力強化法が、ADHDの治療に応用できるかどうか、まだはっきりとはわかりません。ただもしかすると、将来ADHDの治療(訓練)法として臨床で広く使われるようになるかも知れません。

新しい発見は、たいてい常識では考えられないところにあるからです。


参考文献
  • Lim CG, Lee TS, Guan C, Fung DSS, Zhao Y, et al. (2012) A Brain-Computer Interface Based Attention Training Program for Treating Attention Deficit Hyperactivity Disorder. PLoS ONE 7(10): e46692. doi:10.1371/journal.pone.0046692
このエントリーをはてなブックマークに追加
大森貝塚を発見したことで有名なモースは、日本に特有の海洋生物を研究するために明治の初めに日本にやってきました。博物学者であるモースは、本来の目的以外に、まだ江戸の風情の残った日本の風俗全般に興味をもち、多くの当時の日常生活品を収集したり、庶民の生活の様子を描写した本(「日本その日その日」など)を出版したりしています。

その「日本その日その日」の中には、子どもや子育てのことが書かれています。当時のアメリカでは珍しいおんぶの紹介とともに、日本の赤ちゃんは世界一幸せで、日本は赤ちゃんにとって天国のようなところだと書いています。

どこでも赤ちゃんをおんぶしてかわいがっている様子や、泣いている赤ちゃんが少ないことを、まだその当時は子どもを調教用(?)の小さなムチで叩いたりすることもあったアメリカの子育てと比較して、そのように思ったのでしょう。泣いている赤ちゃんがいない、というのは多分子どものいる家の中まで見ていなかったための感想だと思いますが、モースがそのように感じたこと自体は、日本として誇らしいことです。

では現在の日本は、赤ちゃんや子どもの天国になっているでしょうか? 確かに乳幼児の健康指標である乳児死亡率は世界一低いレベルにあり、身体的健康からいえば、日本の子どもの状態は良いといえるかもしれません。しかし、年々増え続ける小児(児童)虐待やネグレクトを見ると、もはや日本は子どもの天国ではなくなっているのではないかと思います。

最近電車の中で、東京都が行っている虐待防止のキャンペーンのポスターを見ました。かわいいクレヨン画で、子ども用のバギーにのった幼児が「みんなに めいわくかけるから 泣いちゃだめ・・・」と悲しそうな表情で言い、お母さんや周りの人が「泣いていいよ」と応えています。子どもの泣き声が虐待の引き金になるという事実にヒントを得て書かれた絵だと思いますが、乳幼児期から周囲の人のことを気にしなくてはならない、という現実がここに示されています。

子どもの声がうるさいからと近所に保育園ができることに反対する人がいることや、混雑した電車でバギーに子どもをのせた親が小さくなっていなくてはならない状況は、もはや日本は赤ちゃんや子どもの天国ではなくなっている証拠なのかもしれません。

私が今年の夏にあこがれのスイスで登山をしたお話を本ブログでもご紹介しましたが、その後マレーシアで開催される環太平洋乳幼児教育学会(PECERA)に出席するために、下山した翌朝には空港のあるチューリッヒに向かう車中の人になっていました。そしてその急行列車の中でびっくりしたことがあります。それは、2階建て列車の2階部分の半分が絨毯ばりの子どもの遊び場になっていたからです。壁にはおとぎ話のような風景が描かれ、真ん中には作り付けの滑り台があります。子どもたちが嬌声をあげながら滑り台を滑ったり、床の上を転がったりしていました。列車の中で赤ちゃんが泣くと、親はなんとかして鎮めようとしますし、子どもには「いいこにしていなさい」と諭すのが普通です。でも狭い室内でじっと静かにしているのは子どもにとってはつらいことです。スイスの列車には、子どもに優しい粋な計らいがなされていたのです。

子どもに優しい社会を作ろうと、CRNの名誉所長である小林登先生は、チャイルドケアリング・デザインという概念をうちだされました。これは、子どもの視点に立って、社会全体のあり方をデザインするという考え方です。

かつてモースによって赤ちゃんや子どもの天国と称された日本ですが、その評判を回復するには、まだまだチャイルドケアリング・デザインでたくさんやることがありそうですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2歳児の奇跡

2018年12月14日掲載
子どもの発達に関わる人たちの中で以下のことは常識中の常識になっています。

2歳児はイヤイヤ期の最中にあり、自己中心的な存在である。
他人の気持ちを理解する能力である「心の理論」が身につくのは4歳から5歳頃である。

こうした常識を、2歳になったばかりの女児が吹き飛ばすシーンを目撃しました。

場所は、今年の「子ども学会」の会場である京都の同志社女子大学のホールでした。砂場の研究で有名な同大教授の笠間浩幸先生の講演の中で、1歳から6歳で卒園するまでの5年間にわたってAちゃんという園児を砂場で撮り続けたビデオが供覧されました。その中にそのシーンはありました。

Aちゃんが2歳になったばかりの頃の砂場で、どの園でも見られるような小さな事件がありました。Aちゃんと同年齢くらいの男の子が、そばで遊んでいた別の子どもの頭に砂をかけたのです。近くにいた保育士が砂をかけた子どもを、かけられた子どもから引き離しました。その時その様子をそばでAちゃんはじっと見ていたのです。保育士と砂をかけた子がその場を去ると、どうでしょう、Aちゃんは砂をかけられた子どもに近づき、髪の毛についた砂を一生懸命にはらいはじめたのです。

2歳児にもこんなに共感性があるのだ、と感動したのですが、笠間先生が「この30分後にもっと驚くべきことが起こりました」と静かに説明をされました。

そして砂かけ事件から30分後の砂場で奇跡が起こりました。
先程砂をかけた子どものそばにAちゃんが立っています。すると、スーッとその子どもに近づいたAちゃんの手から、砂がサラサラとその子どもの頭にかけられたのです。
砂をかけられてびっくりしている子どもからAちゃんはそっと離れて行きました。

Aちゃんは、砂をかけた子どもに、「砂をかけられるとこんな気持ちなのよ」と知らせたのです。4、5歳になって可能になるという心の理論の能力は、2歳のAちゃんにすでに備わっていると考えるしかありません。
私たち大人は子どもの心を知っていると思っていますが、本当にそうでしょうか。

でもこのビデオを見たとき私は、大人の知識である心の理論への疑問を感じたのではなく、生まれてたった2年でこれほど豊かな共感性を身につけることのできる人間の子どもの素晴らしさに、ただただ感激していました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP