CHILD RESEARCH NET

HOME

TOP > 研究室 > 新型コロナウイルス感染症と子どもの生活・学び > 新型コロナウイルス感染症 専門家が保護者の心配事を解決!【健康編】①【動画】子どもが新型コロナウイルスに感染してしまったら?

このエントリーをはてなブックマークに追加

研究室

Laboratory

新型コロナウイルス感染症 専門家が保護者の心配事を解決!【健康編】①【動画】子どもが新型コロナウイルスに感染してしまったら?

榊原 洋一(CRN所長、お茶の水女子大学名誉教授、
ベネッセ教育総合研究所常任顧問)

2020年5月11日掲載

新型コロナウイルス感染がまだまだ収束しない中、おうちのかたご自身の感染も心配ですが、お子様の感染についても、心配ではないかと思います。
もし、お子様が感染してしまったら、どうすればよいのか、小児科医の榊原洋一が動画で解説します。

子どもが新型コロナウイルスに感染してしまったら?



こちらのページにも新型コロナウイルス感染症に関する様々な情報をまとめています。どうぞご覧ください。
≫ 新型コロナウイルス感染症 関連情報

筆者プロフィール
sakakihara_2013.jpg榊原 洋一 (さかきはら・よういち)

医学博士。CRN所長。お茶の水女子大学名誉教授。ベネッセ教育総合研究所常任顧問。日本子ども学会理事長。専門は小児神経学、発達神経学特に注意欠陥多動性障害、アスペルガー症候群などの発達障害の臨床と脳科学。趣味は登山、音楽鑑賞、二男一女の父。

主な著書:「オムツをしたサル」(講談社)、「集中できない子どもたち」(小学館)、「多動性障害児」(講談社+α新書)、「アスペルガー症候群と学習障害」(講談社+α新書)、「ADHDの医学」(学研)、「はじめて出会う 育児の百科」(小学館)、「Dr.サカキハラのADHDの医学」(学研)、「子どもの脳の発達 臨界期・敏感期」(講談社+α新書)など。
このエントリーをはてなブックマークに追加

TwitterFacebook

遊び

メディア

特別支援

研究室カテゴリ

所長ブログ

Dr.榊原洋一の部屋

小林登文庫

PAGE TOP