CHILD RESEARCH NET

HOME

TOP > 研究室 > CRNアジア子ども学研究ネットワーク > 「子どもの生活に関するアジア8か国調査2021」プレスリリース:コロナ禍での子どものウェルビーイングには"レジリエンス"の育成が重要

このエントリーをはてなブックマークに追加

研究室

Laboratory

「子どもの生活に関するアジア8か国調査2021」プレスリリース:コロナ禍での子どものウェルビーイングには"レジリエンス"の育成が重要

要旨:

株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山市、代表取締役社⾧:小林 仁)の社内シンク タンクであるベネッセ教育総合研究所が運営を支援するチャイルド・リサーチ・ネット(以下: CRN)は、2021 年8~11 月に、日本を含むアジア 8か国*の 5歳の子どもをもつ母親を対象とし た「子どもの生活に関するアジア 8か国調査 2021」を実施しました。

先行する調査や研究では、コロナ禍の⾧期化によって多くの子どもが心身に不調を感じ、「ウェ ルビーイング(心身の良好な状態、幸福)」の実現が脅かされていることが明らかになっています。 そこで CRN では、アジア 8か国の共同研究者とともに、子どものウェルビーイングの状況と、そ の実現に必要と考えられる「レジリエンス(困難な状況に適応して回復する力)」に着目した調査 を企画しました。国際比較を通して共通点や相違点を発見することで、それぞれの国の実情に合 った対策を検討することがねらいです。

調査結果からは、8か国共通で、コロナ禍という困難な状況の中で、子どものウェルビーイング に「レジリエンス」の育成が重要であることが明らかになりました。また日本を含む複数の国で は、レジリエンスの向上に「母親の養育態度」や「園(保育者)のサポート」などが関連している ことも分かりました。

子育てや保育にかかわる多くの方々に、子どもやその家族へのより良い支援のあり方を考える ための資料としてご活用いただきたく、分析結果をご報告します。

*参加したアジア 8か国:日本、中国、フィリピン、マレーシア、台湾、インドネシア、シンガポール、タイ
中文 English
このエントリーをはてなブックマークに追加

TwitterFacebook

インクルーシブ教育

社会情動的スキル

遊び

メディア

研究室カテゴリ

アジアこども学

研究活動

所長ブログ

Dr.榊原洋一の部屋

小林登文庫

PAGE TOP