CHILD RESEARCH NET

HOME

TOP > 研究室 > 世界の幼児教育レポート > マレーシアの基礎データ

このエントリーをはてなブックマークに追加

研究室

Laboratory

マレーシアの基礎データ

English
世界の保育・幼児教育の状況を理解するために、各国の背景事情の把握は欠かせません。ここでは、その国の人口規模・教育投資などの基礎的な情報から教育制度に至るまでを、就学前の時期を中心にご紹介します。世界の保育・幼児教育に関心のある読者の皆さまの参考になれば幸いです。

1. 首都:クアラルンプール
2. 人口:30 651 000 (2015)
3. 公用語:マレーシア語、英語
4. 通貨:リンギット (MYR)
5. 教育および保育の制度

  • 学制:小学校(6歳から11歳)、中学校(12歳から14歳)、高校(15歳から16歳)、中等後教育・予科(17歳から18歳)、大学(19歳から)
  • 管轄省庁:教育省、就学前教育に関しては国家統合・社会開発省、農村開発省なども管轄。
  • 義務教育:6歳から11歳
  • 小学校は教授言語別に分けられ、マレー語の学校、中国語の学校、タミル語の学校がある。非マレー語の小学校を卒業した生徒は、1年間のマレー語教育を受けるため中学校に4年在籍することになる。
  • マレーシアの就学前教育については、以下を参照:鴨川明子(2010). 『マレーシアの幼児教育-日本の幼児教育との比較のために-』(https://www.blog.crn.or.jp/lab/01/24.html).
6. 在籍率
  • 3歳:データなし
  • 4歳:データなし
  • 5歳:データなし
  • 6歳:データなし
7. 公財政教育支出の対GDP比
  • 就学前:データなし
  • 初等・中等・高等教育以外の中等後教育:データなし
  • 全教育段階:データなし
8. 平均クラスサイズ(人)
  • 初等教育:データなし
9. 教員あたりの児童生徒数
  • 就学前:データなし
  • 初等教育:データなし
10. 国際学力調査における順位
  • PISA 2012: 数学-52、読解-59、科学-53
  • TIMSS 2011(4年生): 不参加

Malaysia_Japanese.gif
※画像をクリックすると拡大表示されます。
    Reference 参考資料
  • 2. Population Division, United Nations. World Population Prospects: The 2012 Revision.
    http://esa.un.org/unpd/wpp/unpp/panel_population.htm.
  • 5. Ministry of Education. Education system. http://www.moe.gov.my/v/carta-sistem-pendidikan.
  • 鴨川明子(2010). 『マレーシアの幼児教育-日本の幼児教育との比較のために-』https://www.blog.crn.or.jp/lab/01/24.html.
  • 6. OECD (2014). Education at a Glance 2014: OECD Indicators, OECD Publishing.
    http://dx.doi.org/10.1787/eag-2014-en. Table C2.1 Enrolment rates in early childhood and primary education, by age (2005, 2012). http://dx.doi.org/10.1787/888933118333.
  • 7. OECD (2014). Education at a Glance 2014: OECD Indicators, OECD Publishing.
    http://dx.doi.org/10.1787/eag-2014-en. Table B4.1. Total public expenditure on education (2011).
    http://dx.doi.org/10.1787/888933117573.
  • 8. OECD (2014). Education at a Glance 2014: OECD Indicators, OECD Publishing.
    http://dx.doi.org/10.1787/eag-2014-en. Table D2.1. Average class size, by type of institution and level of education (2012). http://dx.doi.org/10.1787/888933119682.
  • 9. OECD (2014). Education at a Glance 2014: OECD Indicators, OECD Publishing.
    http://dx.doi.org/10.1787/eag-2014-en. Table D2.2. Ratio of students to teaching staff in educational institutions (2012). http://dx.doi.org/10.1787/888933119682.
  • 10. OECD (2013). PISA 2012 RESULTS IN FOCUS. Snapshot of performance in mathematics, reading and science. http://www.oecd.org/pisa/keyfindings/pisa-2012-results-snapshot-volume-I-ENG.pdf.
  • Martin, M.O., Mullis, I.V.S., Foy, P., & Arora, A. (2012).The TIMSS 2011 International Results in Mathematics. Chestnut Hill, MA: TIMSS & PIRLS International Study Center, Boston College. http://timssandpirls.bc.edu/timss2011/downloads/T11_IR_M_Chapter1.pdf, p.40.
  • Martin, M.O., Mullis, I.V.S., Foy, P., & Stanco, G.M. (2012). The TIMSS 2011 International Results in Science. Chestnut Hill, MA: TIMSS & PIRLS International Study Center, Boston College. http://timss.bc.edu/timss2011/downloads/T11_IR_S_Chapter1.pdf, p.38.
このエントリーをはてなブックマークに追加

TwitterFacebook

遊び

メディア

特別支援

研究室カテゴリ

アジアこども学

所長ブログ

Dr.榊原洋一の部屋

小林登文庫

PAGE TOP