CHILD RESEARCH NET

HOME

TOP > 研究室 > CRNアジア子ども学研究ネットワーク > 【速報】CRNA国際共同研究:アジア諸国にみる「ハッピー&レジリエントな子どもをどう育むか」

このエントリーをはてなブックマークに追加

研究室

Laboratory

【速報】CRNA国際共同研究:アジア諸国にみる「ハッピー&レジリエントな子どもをどう育むか」

English
CRNA国際共同研究:アジア諸国にみる「ハッピー&レジリエントな子どもをどう育むか」
1) 榊原CRNA理事長へのインタビュー

CRNA国際共同研究を主導するCRNAの理事長である榊原洋一(CRN所長)に、下記3問について伺いました。

Q1 なぜこのような国際共同研究を実施しようと考えたのですか?
Q2 研究テーマ「ハッピー&レジリエントな子どもをどう育むか」の意義はどこにありますか?
Q3 調査分析を通して一番の課題・ポイントと考える点は何ですか?



※動画は約3分です。

2) 速報レポート
速報レポート全文を読む(PDF)
【プレビュー】

1. 本研究の目的
 本研究の目的は、コロナ禍の中においても「子どものウェル・ビーイング」を達成できるよう、"ハッピー&レジリエント(Happy and Resilient)"な子どもを育むための環境のあり方を、家庭、園・学校、国・地域社会の3つの環境側面から明らかにすることです。
 2019年12月初旬に、中国の武漢市で新型コロナウイルス第1例目の感染者が報告されてから、早や2年が過ぎました。2022年3月現在もなお、新型コロナウイルスは世界中で猛威を奮い、子どもたちの生活や学びに大きな影響を及ぼしています。このような状況下における「子どものウェル・ビーイング」実現のための仮説として、私たちは"ハッピー&レジリエント"であることが、重要な要素であると考えました。



参加各国の一覧を見る
このエントリーをはてなブックマークに追加

TwitterFacebook

遊び

メディア

特別支援

研究室カテゴリ

アジアこども学

研究活動

所長ブログ

Dr.榊原洋一の部屋

小林登文庫

PAGE TOP