CHILD RESEARCH NET

HOME

TOP > 論文・レポート > 子ども未来紀行~学際的な研究・レポート・エッセイ~ > 【中国・瀘沽湖の母系社会、モソ族の伝統文化を知る】第1回 妻問い婚で生まれた子どもは、母親だけではなく父親も知っている

このエントリーをはてなブックマークに追加

論文・レポート

Essay・Report

【中国・瀘沽湖の母系社会、モソ族の伝統文化を知る】第1回 妻問い婚で生まれた子どもは、母親だけではなく父親も知っている

要旨:

少子化と老齢化が日々深刻化する現代社会にあって、子育ての環境も大きく変化している。中国の四川省と雲南省の境界に暮らすモソ族は、中国に残る最後の母系社会集団であり、人口は約5万人である。モソ族は伝統的な母系社会の家族形態を保持し、中国語で「走婚」と呼ばれる妻問い婚によって子どもを生み育てている。本稿は、モソ族の女性である独瑪拉姆が、モソ族の婚姻、子育て、家庭について紹介したものである。

キーワード

モソ族, 母系社会, 教育, 父親, 妻問い婚
中文 English

中国西南の雲南省、四川省、チベット自治区の境界に、瀘沽湖という美しい高原湖があります。その周囲に住む4万~5万人の人々は、自称「納(ナー)」、外部からは「摩梭(モソ)」と呼ばれる特殊な集団です。モソ族は、母系の大家族と妻問い婚を特徴とする母系社会の伝統を今日までほぼ完璧に守ってきたことで、世界から注目を集めています。筆者はモソ族の若い世代として、民族文化を伝承すると同時に、学問的な観点からモソ文化を深く研究しています。より多くの人々にモソ族を知っていただき、モソ族の素朴な生活を理解し、モソ文化の魅力を発見してほしいと願っています。また、老人を敬い、子どもを大切にし、男女平等で家族の仲がよく、社会の調和がとれているモソ族の生き方は、現代社会では理想のあり方です。モソ文化の研究には、現代の社会、家庭、結婚において参考にできることが沢山あると思います。

一、モソ族

記録によると永寧鎮のモソ族は、前漢の元鼎6年までさかのぼることができ、2000年以上の歴史を有しています。歴史家は、モソ族が中国古代の西北部にいた古羌人の末裔だと考えています。戦国時代、一部の羌人が秦の脅威を恐れて南下し、甘粛省南部と四川省西部に移ったため、子孫が分かれてしまったといいます。また、ある学者は考古学の見地から、モソ族は雲貴高原にいた古夷人に発するとしています。藏羌彝文化産業回廊で民族の文化交流が盛んだった時代、モソ族はチベット・ビルマ語族の共同体の一部であり、百越(越族)の一部であったと考えられています。

このように、資料によってモソ族を考証できる期間は1600年以上にもなります[1]。各方面の推論を見ると、モソ族の源流についてはさまざまな考えがあるのがわかります[2]。筆者は、永寧のモソ族は古羌人や古夷人と密接な関係にありますが、発展の過程で古羌人とも古夷人とも異なってきたと考えます。永寧鎮では、独特な母系氏族文化や妻問い婚の習俗、また独自の宗教などが形成されています。

(一)モソの母系大家族
モソの母系大家族は母系の血縁グループで構成され、非母系の血統は排除されています。三世代以上のメンバーから成り、彼らはひとり又は複数の始祖母から発しています。母系の血縁で結ばれ、女性は家庭内で高い地位をもち、家庭生活において一定の発言権をもっています[3]。家庭における男女の多くは妻問い婚によって関係を維持するので、生涯自分の母親や兄弟姉妹と一緒に生活します[4]。通常は十数人以上の母系大家族で、多い場合は数十人にもなります。伝統的に「分家」の習慣はなく、古老の話によれば、モソ族が「分家」をしないのは兄弟姉妹の情愛が深く、別れがたいからだそうです。

しかし現実的な見方をすると、「分家」は年長者への不敬と財産争いを意味し、それは非常に恥ずべきことで、世間の笑いものになるからしない、ということのようです[5]。そのため数十人の母系大家族でも争いはなく、楽しく穏やかな雰囲気に満ちています。子どもたちは楽しい幼年時代を過ごし、大勢の「母親」の愛情を受けることができますし、老人たちは皆と穏やかな晩年を過ごし、一家団らんを楽しむことができます。

また、モソ族の母系大家族では男女の分業がはっきりしており、その中で老人の世話をし、子どもを育てます。葬儀やビジネス、家の修理などの大きな仕事は男性が行い、家事や財産管理などは母親や能力のある女性が担当します。社会は合理的な分業によって安定的に発展し、また、合理的な分業によって家庭の経済および文明が促進されるとモソ族は考えています。

また、モソ族は倫理と道徳を非常に重んじる民族です[6]。モソの母系大家族では老人や子どもを大切にし、礼儀を重んじ、兄弟姉妹は互いに思いやりをもっています。隣近所が仲よく付き合い、互いを尊重して助け合います。こうした礼儀正しさが日常生活のさまざまな場面に見られ、モソ族の自覚的行動基準となっています。このような礼儀正しい気風によって、モソ族は子どものころから優しく親切で、その場にふさわしい態度を取るように成長します。結婚と社会の調和が大きな問題となっている現代社会において、モソ族の生活様式は多くの人が憧れるものであり、多くの著名人がそれについて記しています。

(二)モソ族の妻問い婚
モソ族の婚姻形態は、国内外の歴史学者や民族学者、また旅行者が最も興味をもつ婚姻文化です。この独特で不思議な婚姻形態がもつ最も大きな特徴は、原始的な母系婚姻形態を保っていることです。モソ族はそれをモソ語で「se se」、「se」 のように呼びますが、「se se」は中国語では「走走(行く)」という意味で、中国語で「走婚(妻問い婚)」とも訳されます。妻問い婚をした男女は、二人で営む家庭を形成しません。彼らは仕事や生活においてあまり関わりがなく、それぞれが自分の母系大家族の一員です[7]。妻問い婚をした男性は夕方になると女性の家に行き、女性は日が暮れると男性が来るのを待ちます。翌日の早朝、男性は早起きして自分の家に帰ります。まるでデートのようです。男性は夜出かけて朝帰り、女性は黙々と待っています。こうして日が過ぎて、子どもが生まれます。

次に、永寧鎮のモソ族で百組以上いる普通の妻問い婚をしている夫婦の中から一組の典型的なカップルを選んで、彼らの妻問い婚の様子をお話ししましょう。彼らは1960年代生まれで、モソ族の伝統が現代文化とぶつかり合う時期の、母系大家族の文化と妻問い婚の習俗が続けられるかどうかに関わる重要な世代です。そこでそのうちの一組の妻問い婚を例として、結婚の儀式について詳しく述べてみましょう。妻問い婚で生まれた子どもは、母親だけでなく、父親が誰なのかも知っているとのことです[8]

二、モソ族の妻問い婚の物語

外部の人は、妻問い婚の当事者によくこんな質問をします。「妻問い婚とは何ですか?」、「どうして妻問い婚をしたのですか?」、「妻問い婚では責任は取らなくてよいのですか?」。これらの質問は、モソ族の集落の外で働いたり、外部に出かけたりするモソ族を困惑させます。外部の人々にとって妻問い婚は不思議で珍しく、なかなか体験できないことですが、モソ族にとっては自分たちの伝統です。他の民族の家庭や婚姻形式と同じで、社会の産物です。

「あなたたちは自分の子どもの父親が誰だか知っているのですか?」などと聞く人までいますが、こんなことを聞かれるとモソ族は怒りと困惑を覚えます。私たち人類はみな同じで、異なる集団は異なる生活様式をもっています。調査研究をする中で我々が気づいたのは、モソ族の老人と若者は愛情に対して同じような考えをもっており、彼らが求めるものはシンプルで純朴で、妻問い婚は明らかに大切なものだということです。

(一)よき種を植え、愛の命をはぐくむ
次爾拉姆は50歳のモソの女性で、妻問い婚の夫である扎西平措との間に2人の娘がおり、妻問い婚の生活は30年あまりになります。2人は映画館で知り合いました。その一帯でたったひとつの映画館には、週ごとに新しい映画が上映されます。映画館は次爾拉姆たちにとって、同世代の人と知り合って伴侶を見つけるのに最適の場所でした。当時の映画チケットは0.2元でしたが、彼女にとって映画を見るのは贅沢なことで、行く機会は多くはありませんでした。初めて観に行ったのは「白毛女」でした。勧める人が多かったからです。その日の晩、彼女は幼なじみと映画に行き、その友人である扎西平措と知り合いました。扎西平措が清潔な白いシャツを着ていて、感じがよかったのを彼女は覚えています。しかし、松茸[9]の季節になったら、松茸を売って自分の兄に白いシャツを買ってあげたらきっと素敵だろうと思ったぐらいで、他には特別に印象に残ったことはありませんでした。その後、また幼なじみと何回か映画に行き、扎西平措ともだんだん親しくなりました。2人は相思相愛になり、付き合い始めました。当時、次爾拉姆は二十歳でした。

付き合い始めてしばらく経ったある日、扎西平措の母親が茶葉と酒を持って次爾拉姆の家にやってきました。次爾拉姆がこっそり聞いていると、彼の母親は自分の家の状況を話し、2人の妻問い婚を求めました。次爾拉姆の母親はよいともだめだとも言いませんでした。さらにしばらく経って、扎西平措の村の年長者が、茶葉、酒、菓子などを持参し、さらに銀の首飾りを次爾拉姆の家の「鍋荘(祖母屋の囲炉裏)」[10]に捧げ、扎西平措の母親がこの結婚が早く成立するように彼に頼んだ、と言いました。次爾拉姆はこうして妻問い婚をすることになりました。

次爾拉姆は筆者に、彼女の母親は2人の関係を黙認し、その後、彼女自身もこの結婚を認めたと語りました。それというのも、扎西平措と知り合ってから2年の間に、彼がよく働く人間であることがわかり、彼女の母親と姉たちも優しいし、扎西平措の家のことを悪く言う村人もいなかったので、彼女は扎西平措が誠実だと思ったのでした。

その後、可愛い子どもが生まれました。次爾拉姆の母親は、扎西平措の家は家風のよい母系大家族で、兄弟姉妹の仲も良く、扎西平措の悪い噂も聞いたことがないので、娘と彼の妻問い婚はうまくいくだろうと感じていました。こうして数十年が過ぎ、それぞれが母親の家に住んで夕方に会って翌朝は別れるという生活を続けてきましたが、2人は長い間相思相愛で、仲よく暮らしてきました。普段は相手の家に何かあれば手伝いに行きますが、それ以外は変わらず扎西平措が夕方に来て、翌朝に帰っていくという生活をずっと続けてきました。次爾拉姆が語るのを聞いていると、愛情と結婚に対する要求が実にシンプルで、相手の地位や財産や家柄を気にせず、相手の人柄や家庭の様子がよいということだけで結婚するのです。

妻問い婚を始めてしばらく経ったとき、次爾拉姆の母親は彼女を連れて格姆(ガム)女神山[11]の廟に行き、香をたいて「タルチョー(祈祷旗)」を掛け、その後、山の麓の谷間にある小さな橋を木で補強しました[12]。それは主に山で柴を刈る人が通る橋で、母親は次爾拉姆に、こうすれば将来、健康な赤ちゃんを授かると言いました。また彼女に、1人の女性として最も重要なのは善良な心をもつことで、いつも他の人のことを考えなければいけないと教えました。

伝統的な母系文化では、家庭のメンバーはほとんど同じ母系の血縁者であり、モソ族は伝統的な観念として、母親を尊敬し、女神を崇拝しています。格姆女神があってこそモソの子どもが生まれ、モソの女性があってこそモソの子孫が生まれ、モソの女性は家庭の中の根源であると考えているので、だれもがモソの女性を尊敬するのです。また、モソの女性が母系大家族を切り盛りするには、格姆女神のような慈悲と知恵がなければならず、それでこそ一つひとつの母系大家族が続いていき、家庭が温かく愛に満ちたものになるのです。それゆえ、多くのモソの女性は結婚後、自分の言葉や態度にいっそう気をつけるようになります。

(二)父親の家の「鍋荘」に捧げる甜酒
次爾拉姆が妻問い婚をして半年後、子どもを身ごもり、家族全員が喜びました。彼女の祖母はお寺(チベット仏教)に行ってお腹の子どものために燈明を上げ、僧に頼んで母と子のために度母経[13]をあげてもらいました。扎西平措も大喜びで、いつもより早く次爾拉姆の家に来るようになり、傍にいました。また、彼女があまり動けないことを考え、時間を見つけてやってきては柴刈りをしたり田畑を耕したりしてくれました。2人は最初のうちは自分たちの関係を気恥ずかしく思っていましたが、やがて他人の前でも堂々として、妻問い婚の関係は次第にしっかりしたものになっていきました。扎西平措がダバ(司祭)[14]のところに行って相談すると、ダバは、柴刈りに行った時に次爾拉姆の普段着ない服を持ってきて山の鞍部(山の尾根で鞍のように低くなっている箇所)の松の木に掛け、鞍部で「タルチョー」を掛ければ、神のご加護を得て安産になるだろうと言いました[15]

次爾拉姆のお腹が少し大きくなったころ、母親は吉日を選んで甜酒[16]を作りました。モソの女性が妊娠した時、男性側女性側の双方が妊婦のために甜酒を用意します。子どもが生まれた日には、女性の家が男性の家や親戚の家の「鍋荘」に供える甜酒を持っていきます。この儀式によって双方の家族が喜びを分かち合うのです。次爾拉姆は「祖母屋(祖母の間)」の「格盤」[17]で出産しました。彼女は陣痛の痛みの中で老人たちが囲炉裏端で読経する声を聞き、家屋の丸太の隙間からは火が盛んに燃えるのが見えました。彼女はまもなく新しい生命が生まれるのだと思い、痛みに耐えていたところ、ついに赤ちゃんの産声があたりの静寂を破りました。

次爾拉姆の祖父が起き出して、手に持ったバターランプを祖母屋の「鍋荘」[18]のところに置き、彼女の祖母は松明を持って子どもの手に触れ、囲炉裏で松明に火をつけ、バターランプに火を灯しました。翌日の早朝、彼女の祖母は彼女のおばに、椀に入れた甜酒を扎西平措の家に持っていくように言いました。これは彼の家の「鍋荘」に捧げるもので、扎西平措の家ではこれで、昨夜子どもを「拾った(生まれた)」[19]ことを知るのです。その後、他のおばたちが甜酒を親戚のところに持っていきました。モソ族の表現は奥ゆかしいものであり、男性側に子どもの誕生を伝えるのも「鍋荘」に捧げるこの一椀の甜酒だけです。捧げられた甜酒は子どもの誕生を知らせるだけではなく、子どもに代わって男性側の祖先に挨拶するという意味もあります。

(三)父親の愛は馬の背から深まり始める
次爾拉姆の娘が生まれて1週間すると、親戚や友人たちが地鶏、卵、干し豚、餌塊(米の粉で作った食品)などを持ってお祝いに訪れました。もちろん扎西平措の家の人も来ました。彼は次爾拉姆の母親に、女性側がお返しの準備をしやすいように、満月酒[20]を行う日程と参加する人数を知らせました。

満月酒の当日は、扎西平措が馬を引き、馬の背には甜酒の甕と中身がいっぱい詰まった籠が載せられ、彼の母親、おば、姉たちが付き添いました。女性たちは背負い籠を背負い、1羽、あるいは2羽の鶏を抱いていました。男性側の人々は、この日初めて女性側の家に来たのです。男性側の贈り物は女性側の家の「鍋荘」に捧げられます。例えば、猪膘肉(豚肉で作った食品)、排骨(スペアリブ)、卵、バター、餌塊、赤砂糖、甜酒、蘇里瑪酒(スリマ酒:もち米、大麦、だったん蕎麦、とうもろこしなどで作った酒)など、さらに子どもの服、長命鎖(首飾り)、腕輪などがありました。

女性側は男性側の人々を祖母屋の囲炉裏端に通して休ませ、甜酒でもてなしました。しばらくすると、次爾拉姆の祖母が「格盤」から子どもを抱いてきて男性側に見せました。その日の午後、扎西平措の母親は女性側の親戚や近所に配る贈り物を分けた後、次爾拉姆の家の人々と翌日の宴会のことを相談しました。翌日も親戚や友人たちが来て、おしゃべりをして酒を飲み、喜びを分かち合いました。訪問客は女性が中心です。3日目に朝食を済ませて帰りますが、女性側は男性側に赤米や織物などのお土産を渡しました。

取材で多くのモソ族の女性たちを見て、モソ族は結婚生活で非常に儀式を重んじるのだと、そして、それら儀式は主に幸せを祈るのだとわかりました。中でも最もよく見られるのは人が中心で、人を囲んで行うさまざまな儀式です。また、彼らは結婚生活で自らの人格を養うことを重視し、善良な人間になってこそ子どもを産み育てることができると考えています。そのため生命を非常に尊重し、保護します。また、伴侶と付き合う過程でも互いに尊敬しあうことを重視し、積極的に献身します。この短い物語からもモソ族が日常の「鍋荘」の祈祷、分娩の喜びの儀式、父親との対面の儀式を通して双方の気持ちを確かにして、婚姻を安定させていく様子がわかります。モソ族の伝統的な婚姻文化では、結婚証書という紙による証明はなく、夫婦で生活を共にしているのでもありませんが、愛情と婚姻のあるべき姿を失うことがない、自由で誠実な関係があります。

new_2022_03_1.png
  • [1] 寧蒗彝族自治県誌製作編纂委員会、寧蒗彝族自治県誌[M]、昆明:雲南民族出版社、1993:176-178。
  • [2] 永寧鎮者波村の老人の話では、彼らの祖先は古くから格姆女神山の麓に住んでいるという。村の神話や伝説は非常に古く、土着民族の色合いが見られる。
  • [3] 木麗春、永寧モソ史話[M]。昆明:雲南民族出版社、2015:69-70。
  • [4] モソの女性の地位が高いことは、男性より地位が高いことも、男性の地位が低いことも意味しない。しかし女性の歴史全体と比べると、モソ族の生活環境では、女性は一般より自由と発言権をもっている。
  • [5] 2018年4月に永寧鎮で行ったフィールド調査を整理。
  • [6] 2018年4月に永寧鎮で行ったフィールド調査を整理。
  • [7] 「走婚(妻問い婚)」という言葉はモソ族にとって外来語であり、動詞の「走」(行く)から命名されたもので、モソ族の婚姻文化の正確な命名については再考の余地がある。現在、最適な訳語が見つからないため、ここでは「走婚(妻問い婚)」という言葉でモソ族の習俗「se se」を描写した。
  • [8] この物語は、2019年10月に永寧鎮で行ったフィールド調査によるものである。
  • [9] 「松茸」とは、瀘沽湖畔で採れる野生のキノコで、現地では有名な特産品である。モソ族は山で松茸を採って生計を立てている。
  • [10] モソ族の男女が妻問い婚関係を確定するには、「鍋荘」に礼拝する儀式が必要で、この儀式によって祖先の加護と家族の祝福を得る。またこれによって結婚生活の法的保障を得るのである。
  • [11] 格姆女神山:「格姆」はモソ族の女神の名前で、永寧鎮の東にある獅子のような形の山がモソ族の守護神である格姆女神の化身と考えられている。格姆女神山はモソ文化で最も重要な神の山であり、モソ族の五穀豊穣、子孫繁栄を守る山である。
  • [12] モソ族の信仰では、他人のために道路や橋を補修するのは、よい報いを得られる最もよい善行の方法である。
  • [13] 度母経:チベット仏教におけるひとつの祈祷の儀式。
  • [14] ダバ:モソ族の伝統宗教であるダバ信仰の司祭である。
  • [15] この行為は、ダバ信仰で自然神の加護を祈る、簡単な儀式のひとつである。
  • [16] 「甜酒」はモソ族の分娩で重要な役割をもち、坐月(産褥期間)に必須の母乳のための栄養食品であり、親戚や友人に子どもの出生を証明する最適な贈り物であり、祖先に捧げる供物でもある。
  • [17] モソ族が出産と死の儀式を行う場所。
  • [18] 鍋荘:モソ族の祖母屋の囲炉裏の部分を神を祀る場所として使用したもので、普通は囲炉裏全体を指す。そのためすべての儀式は囲炉裏と切り離せず、祖先を祀ることと切り離せず、「鍋荘」と切り離すことができない。「鍋荘」は人と神を結び付ける場所である。
  • [19] 子どもを拾った:モソ族は子どもを産むことを一般に「子どもを拾う」と言う。子どもは神からの授かりもので、よい報いを「拾った」と考えているからである。神を畏敬する心理を表している。
  • [20] 満月酒:モソ族は産褥期または満月(生後1ヵ月)の時に、男性側が女性側の家にやってくる宴会を重視しており、女性側の親戚や村人を招待して、女性側の子どもを産み、育てる苦労への感謝を表す。

筆者プロフィール
独瑪拉姆 (麗江文化旅遊学院)
Du Ma La Mu_profile.png モソ族。麗江文化旅遊学院で教鞭をとる。西南民族大学宗教学修士。国家言語保護プロジェクト・モソ族言語の救済と保護、国家社会科学基金「雲南に代々住む少数民族の災害文化史」プロジェクトなど、多くの社会実践の調査研究に参加する。2011年から現在に至るまで、モソ族の母系文化(婚姻、宗教など)の追跡研究を行い、その文化調査研究とスタディビジットプロジェクトに従事している。
このエントリーをはてなブックマークに追加

TwitterFacebook

遊び

メディア

特別支援

論文・レポートカテゴリ

アジアこども学

研究活動

所長ブログ

Dr.榊原洋一の部屋

小林登文庫

PAGE TOP