facebook twitter feed このエントリーをはてなブックマークに追加

研究室

ソーシャル・スキル・トレーニング(SST)研究室

体験型ソーシャル・スキル・トレーニング(SST)は、ADHD(注意欠陥多動性障害)、非言語学習障害、 特定不能な広汎性発達障害などの軽度発達障害児、あるいは集団が苦手で問題行動のある子どもを対象とし、社会性スキルの向上を目的に開発されました。社会的、生物学的、心理学的見地にそって、音楽を用いて実施しています。ここでは、その実践内容や検証データを紹介していきます。

ソーシャル・スキル・トレーニング(SST)研究室

記事一覧へ

 1 

サイトマップはこちら
サイトの全体像が分かります。

Twitter  Facebook

CRNアジア子ども学交流プログラム

名誉所長ブログ

イベント

ご意見・ご質問

メルマガ登録

世界の幼児教育レポート

CRN刊行物