CHILD RESEARCH NET

子ども学とは?
HOME

TOP > 交流活動2019

CRNアジア子ども学研究ネットワーク
Japan China India Indonesia Korea Malaysia Philippines Shingapore Taiwan Thailand

※「CRNアジア子ども学交流プログラム」は、2018年3月19日をもって「CRNアジア子ども学研究ネットワーク(CRNA)」に改名いたしました。

交流活動
Interactive Activities

●CRNアジア子ども学研究ネットワーク(CRNA)第3回国際会議

大会テーマ:
子どものウェル・ビーイングのための教育と子育て

CRNA第3回国際会議では、アジアの子どものウェル・ビーイングのために、教育と子育ての観点からできることを焦点に議論します。 子どもの発達とそれを取り巻く環境の両側面から、新たな視点を導き出すことを目指します。

アジアの子どもたちのウェル・ビーイングに貢献できるような、交流の場にしたいと考えています。

テーマ 子どものウェル・ビーイングのための教育と子育て
サブテーマ 1.乳幼児期の教育・ケア政策
2.特別支援教育
3.STEM/STEAM教育
4.保育者の専門性
5.乳幼児期の遊びと学びの質と環境
6.インドネシアの重点課題:子どもの栄養問題とECEC
日時 2019年9月25日(水)~27日(金)(受付開始 8:00)
場所 インドネシア ジャカルタ国立大学
言語 英語、インドネシア語
主催 チャイルド・リサーチ・ネット(CRN)、ジャカルタ国立大学
申込受付 register.jpg
9月20日まで受け付けいたします。
基調講演者
(一部)
Yoichi Sakakihara 榊原 洋一 先生/ 日本(CRN所長、お茶の水女子大学名誉教授)
講演テーマ:
子どものQuality of Life(QOL)
Kathy Hirsh-Pasek Kathy Hirsh-Pasek 先生/ 米国(テンプル大学教授)
講演テーマ:
遊びの処方箋
-なぜ遊びは社会的・認知的発達を促進するのか-
Kitano, Sachiko 北野 幸子 先生/日本(神戸大学大学院准教授)
講演テーマ:
園での遊びの中の育ちや学びをみとり可視化する
Aminah binti Ayob Aminah binti Ayob 先生/マレーシア
(スルタン・イドリス教育大学名誉教授)
講演テーマ:
マレーシアの幼児教育におけるSTE(A)Mの取り組み
※インドネシア、フィリピン、台湾、中国大陸、タイからも多数の専門家が参加予定です。

●プログラム(仮)

1日目:2019年9月25日(水)
時間 内容
9:00-10:00 開会式
10:00-10:15 休憩
10:15-12:00 基調講演1:榊原 洋一/日本(CRN所長、お茶の水女子大学名誉教授)
12:00-13:00 お昼休憩
13:00-14:30 基調講演2:テルマ・ミンゴア/フィリピン(デ・ラ・サール大学助教授)
14:30-14:45 休憩
14:45-16:15 基調講演3:アミナ・アヨブ/マレーシア(スルタン・イドリス教育大学名誉教授)
16:15-17:00 講演:高岡 純子/日本(ベネッセ教育総合研究所 学び・生活研究室 室長)

2日目:2019年9月26日(木)

時間 内容
9:00-10:30 基調講演4: ハリス・イスカンダル/インドネシア(教育文化省 幼児教育・地域教育総局長)
10:30-10:45 休憩
10:45-12:00 基調講演5:キャシー・ハーシュ=パセック/米国(テンプル大学教授)
ロバータ・ミシュニック・ゴリンコフ/米国(デラウェア大学教授)
12:00-13:00 お昼休憩
13:00-14:30 基調講演6:ファスリ・ジャラル/インドネシア(ジャカルタ国立大学教授)
14:30-14:45 休憩
14:45-15:45 パネルディスカッション
15:45-17:00 ポスター・口頭発表

3日目:2019年9月27日(金)

時間 内容
9:00-11:00 ポスター・口頭発表
11:00-13:00 金曜礼拝・お昼休憩
13:00-14:15 基調講演7:北野 幸子/日本(神戸大学大学院准教授)
14:15-15:15 ワークショップ:張 世宗/台湾(国立台北教育大学芸術及び造形設計学部教授)
15:15-16:15 講演:WVI研究員
16:15-16:45 閉会式
16:45-17:00 休憩

本プロジェクトについて 交流活動
   
アジアの子どもの課題CRNアジア子ども学研究ネットワークのメンバー

TwitterFacebook

遊び

メディア

特別支援

所長ブログ

Dr.榊原洋一の部屋

小林登文庫

PAGE TOP