CHILD RESEARCH NET

HOME
このエントリーをはてなブックマークに追加

調査データ

Search Data

第4回 幼児の生活アンケート

2010年11月26日掲載
●第4回 幼児の生活アンケート

 第4回 幼児の生活アンケート ウェブサイト
 第4回 幼児の生活アンケート 速報版 [PDF(1,810KB)]

 ※本データはベネッセ次世代育成研究所のサイトに掲載されています。
 クリックするとベネッセ次世代育成研究所のサイトのPDFファイルにジャンプします。


●これまでの幼児の生活アンケートの速報版・報告書については、
 以下のURLよりご覧ください。

 https://www.crn.or.jp/LIBRARY/INFANT/index.html


■調査の背景

乳幼児の生活の様子・保護者の子育てに対する意識や実態を把握することを目的に、「幼児の生活アンケート」を行いました。この調査は、1995年より5年ごとに実施しており、2010年は第4回となります。調査結果を経年比較することで、15年間の変化をたどることができる貴重な資料となっております。


■調査概要

【調査テーマ】 乳幼児の生活の様子、保護者の子育てに関する意識と実態

【調査方法】 郵送法(自記式アンケートを郵送により配布・回収)

【調査時期・対象】

第1回 調査(1995年調査)
1995年2月実施。首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)の1歳6か月~6歳就学前の幼児をもつ保護者1,692名(配布数3,020通、回収率56.0%)

第2回 調査(2000年調査)
2000年2月実施。首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)、および地方都市(富山市、大分市)の1歳6か月~6歳就学前の幼児をもつ保護者3,270名(配布数5,600通、回収率58.4%)
*経年での比較を行うために、地方都市の回答を分析から除外している。

第3回 調査(2005年調査)
2005年3月実施。首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)の0歳6か月~6歳就学前の乳幼児をもつ保護者2,980名(配布数7,200通、回収率41.4%)

第4回 調査(2010年調査)
2010年3月実施。首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)の0歳6か月~6歳就学前の乳幼児をもつ保護者3,522名(配布数7,801通、回収率45.1%)
*速報版では、1歳6か月以上の幼児をもつ保護者の回答のみを分析している。

【調査企画・分析メンバー】

無藤 隆 (白梅学園大学教授)
一見 真理子 (国立教育政策研究所総括研究官)
佐藤 暁子 (東京家政大学准教授)
相馬 直子 (横浜国立大学大学院准教授)
荒牧 美佐子 (東京福祉大学専任講師)
韓   松花 (横浜国立大学大学院博士課程後期)

後藤 憲子 (ベネッセ次世代育成研究所主任研究員)
高岡 純子 (ベネッセ次世代育成研究所主任研究員)
朝永 昌孝 (ベネッセ次世代育成研究所研究員)
松本 留奈 (ベネッセ次世代育成研究所研究員)
田村 徳子 (ベネッセ次世代育成研究所研究員)
真田 美恵子 (ベネッセ次世代育成研究所研究員)

邵   勤風 (Benesse教育研究開発センター教育調査課長)
橋本 尚美 (Benesse教育研究開発センター研究員)
岡部 悟志 (Benesse教育研究開発センター研究員)
このエントリーをはてなブックマークに追加
調査データ新着記事

PAGE TOP