CHILD RESEARCH NET

HOME

TOP > 調査データ > 乳幼児(その保護者・園)を対象とした調査 > 平成21年度文部科学省委託事業「幼児教育の改善・充実調査研究」

このエントリーをはてなブックマークに追加

調査データ

Search Data

平成21年度文部科学省委託事業「幼児教育の改善・充実調査研究」

2010年11月19日掲載
●認定こども園における研修の実情と課題

認定こども園における研修の実情と課題 ウェブサイト http://www.benesse.co.jp/jisedaiken/research/research_14.html

ダイジェスト版[PDF(2,1MB)] http://www.benesse.co.jp/jisedaiken/research/pdf/research14_digest.pdf

 ※本データはベネッセ次世代育成研究所のサイトに掲載されています。
  クリックするとベネッセ次世代育成研究所のサイトにジャンプします。


■調査の背景

現在、幼稚園と保育所の機能が接近しつつあります。保育者には、幼児教育・保育を統合的に実践するための専門性が求められますが、現在のところ、その専門性の内容について必ずしも明確にされているわけではありません。また、研修のあり方を含めて、その専門性を高めるための方策に関する議論も十分ではありません。
そこで私たちは、今後の保育者研修のあり方について提言することを目的として、まずは現状を把握するための調査を行うことにしました。調査では、すでに幼児教育・保育を一体的に提供している認定こども園と、園を指導・助言する立場にある地方自治体等を対象に、研修の実情と課題を明らかにしたいと考えました。


■調査概要

1.認定こども園の研修についての調査

【方法】 郵送法による自記式アンケート(郵送により配布・回収)

【時期】 2009年10月~11月

【対象者】 2009年4月1日時点で開設していたすべての認定こども園(358園)の園長・所長・施設長、副園長(教頭・副所長・副施設長)、主任等(1園につき、1名が回答)

【主な調査項目】
・園外研修(参加目的、参加頻度、参加する職員、参加したテーマ、研修の成果、課題、行政への要望)
・園内研修(実施頻度、参加する職員、研修内容、研修の成果、課題、行政への要望)
・認定こども園の保育者に求められる資質
・保育者の資質の向上のために必要なこと

【回収結果】 発送数358・有効回答数245・有効回答率68.4%


2.地方自治体等の研修についての調査 

【方法】 郵送法による自記式アンケート(郵送により配布・回収)

【時期】 2009年11月

【対象者】 都道府県、政令指定都市、中核市、認定こども園のある市区町村(307自治体)の、幼稚園・保育所・認定こども園の保育者研修を担当する部署の職員

【主な調査項目】
・保育者向けの研修にかかわる取り組み
・幼保合同研修(主催の有無、対象者、目的、テーマ、成果、課題)
・これからの保育者に求められる資質
・保育者の資質の向上のために必要なこと

【回収結果】 発送数307・有効回答数203・有効回率66.1% 
このエントリーをはてなブックマークに追加
調査データ新着記事

PAGE TOP